【受験生必見】勉強のやるきが出ない時にする5つの事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

大学受験の勉強はとてもつらく、先が遠く感じてやる気がでないこともよくありますよね。


やる気はでない、でもやらなきゃいけないということは、頭では理解している。でも勉強に集中できない。僕もそんなことはよくありました。


今回は元塾講師でもある僕が、やる気が出ない時にするといいことをまとめました。

やる気がでないなら、まずは気分転換

やる気がでないなら、まずは気分転換をしましょう。正直、やる気がない集中できない状態で勉強をしても効率はよくありません。


1度全く別のことをやることで、後々勉強の効率が数倍よくなることもあります。



友達と会話する

僕はやる気が出ない時には、まず友達と会話をしていました。やっぱり、机の上で参考書とばかりにらめっこしているでけでストレスは溜まります。


そんなストレスが溜まった状態だと、友達と話すだけでもストレスは吐き出されていきます。


会話な内容は何でもいいです。全く受験に関係のない内容をするのでもいいでしょう。たまには受験と全く関係ない内容を考えていれば、オンオフの切り替え、つまり勉強をしている時と休憩のときのメリハリが付きやすくなります。そうすることで、より勉強ははかどります。


逆に受験の内容を話してもいいでしょう。受験は情報戦です。使いやすい参考書、楽な勉強法、模試の情報など、思わぬ情報が入ってきて利益をもたらすかもしれません。それに、休憩中に友達から感化されて勉強をより頑張ろうと思うかもしれません。


とにかく、他の友達と会話することにより、自分に何らかのリフレッシュや刺激や情報をもたらしてくれます。一番てっとり早く気分転換できるでしょう。



運動をする

肉体的に効果を与えるとするのなら、運動をしたほうが良いでしょう。長時間の勉強による体からの疲労は、精神的なものから回復するより、肉体的にリフレッシュさせた方がいいです。


ライトなもので言えば、散歩でも充分です。全身に血を巡らせて、一度頭の中身をカラにしましょう。


いっそジムにいったり、プールに入ったりしてもいいです。一度思いっきり汗を流せば、一緒に勉強の疲れも流れていきます。


無駄な時間とは思わず、一度運動をしてみましょう。それも合格に近づく技の1つです。



自分の好きなことをする

自分の好きなことを満足するまでやってみましょう。例えば、ゲーム、音楽を聞く、ユーチューブを見る、スポーツをするなどです。とにかく、あなたが好きなことなら何でもいいです。


いままで我慢してたのにまたハマったらどうしよう、とか思う人もいますよね。


僕が塾講師をしていた時は、一度好きなことに熱中してみれば?と何人もの生徒提案したことがあります。しかし、どの生徒もそれに再燃したり、ハマり過ぎてしまうことはありませんでした。


むしろ皆、勉強から離れる時間を過ごすことにより、受験に対する不安が余計にのしかかってきたそうです。「本当にこんなことしていていいのか?」と思い、それが勉強へのやる気に繋がっていきます。


受験を成功に終わらせることができれば、あなたの好きなことはいくらでもできます。それをあえて今やることが、勉強への熱量を大きくします。



やる気がでない受験生は新たな方向性を見つけてみよう

やる気がないなら、いっそ勉強をするなとは言いましたよね。次は、勉強自体はしませんが受験から離れた内容ではありません。


やる気がないタイミングで、受験に対しての方向性を転換させてみよう、というわけです。



志望校に行ってみる

結構おすすめなのがこれ。なんの意味も無く、自分が受ける大学に足を運んでみましょう。

自分が受ける大学に行ってみて、未来のキャンパスライフを想像してみましょう。間違いなく、受験勉強を頑張る今よりも、楽しそうな自分が思い描けると思います。


いままで第一志望合格というゴールに向かって勉強をしていたかもしれませんが、そのゴールの先の楽しみが実際に大学にいくことで明確になります。


また、ここではオープンキャンパスなどのようなイベントでない時期に行ってみましょう。生々しい大学生活の雰囲気が垣間見えます。いままで行ったことがない人は、受験前にアクセスなども把握できるので一石二鳥ですね。



勉強方法を模索

勉強法を模索する時間にしてしまうのもいい時間の使い方です。


模索の仕方は本屋に足を運んで参考書を覗くでも、インターネットを利用して様々な情報を集めるでも、なんでもいいです。やる気が起きず、勉強が集中できないうちに時間を掛けてやってしまいましょう。


後になって気づくと思いますが、どんな勉強方法で合格を目指すかは非常に重要な判断になります。その勉強方法が合格への近道なのか、遠回りなのか見極めましょう。


こうして勉強方法を模索した結果、それが確立すれば、今後の勉強の方向性が見えてきます。方向性がしっかりすることはやる気アップにみつながるので効果は絶大です。ぜひ、自身の勉強方法を見直してみましょう。



まとめ

今回はやる気がでない受験生のために、そんな時にできる有効な手段をまとめました。


受験は本当に長期戦なので、モチベーションが下がってしまう時期は必ずあります。そんな時期にどんな過ごし方をし今後に繋げるかは、大学受験の合否に関わると言っても過言ではありません。


ぜひ、やる気の起きない時期を乗り越え合格を掴んでください。