東進ハイスクールの評判や授業料は?元塾講師が徹底解説します

f:id:jiji_travel:20190108234253j:plain

東進ハイスクール(東進衛星予備校)は予備校界でも超大手で知名度も高いですね。

しかし、良い評判と悪い評価が飛び交っていて、入塾するべきか迷うはずです。

今回、元塾講師である私の目線から東進ハイスクールについて徹底解説していきます。

東進ハイスクールの全てがこの記事でわかりますよ!



そもそも東進ハイスクールとは

まずは、東進ハイスクールについて詳しくご存知でない方が多いと思いますので、簡単な説明をします。

東進ハイスクールは株式会社ナガセが運営する、主に大学受験を対象にする予備校です。

生の授業を展開していると勘違いしている方がよくいますが、東進ハイスクールは映像授業の塾です。そのため、別の場所で撮影した予備校講師の授業を各校舎で見る訳ですね。

東進衛星予備校との違い

東進衛星予備校は東進ハイスクールのフランチャイズ校になりますね。

ただフランチャイズ校で名前が違うだけです。なので、普通に利用する分には全く問題なしです。

東進ハイスクールの授業料はいくら?

東進ハイスクールの授業料はやや特殊ですね。

  • 入学金 32,400円(税込)
  • 通期講座(単科)受講料 75,600円(税込)
  • 担任指導費 32,400円(税込)
  • 模試 25,920円(税込)

上の4つが主な料金でしょう。しかしこれを見ただけでは合計いくらかかるか想像がつきませんよね。

まず、入学金と担任指導費と模試をあわせた金額の90,720円は必ず発生します。

通期講座ですが、こちらもなんだかんだ10近く受けることになるので、70万円近く発生します。

そして、上には書いていない夏期講習・冬期講習のような講習講座も存在しますし、高速基礎マスターという例外的な講座もあります。

通期講座を沢山受けると割引できるよ、という制度も当然あります。

これらすべてひっくるめて、1年間の授業料は80万円から100万円以上が目安ですね!

東進ハイスクールの授業料は割に合う?

東進ハイスクールに通うとすると、年間100万円近くかかることが分かりましたか?

次は、東進ハイスクールの授業料は金額に見合ったものか解説します。

この後でも東進の魅力には解説します。当然大手予備校として素晴らしいサービスを提供しているのは断言できます。

ただ結論から言うと、高い授業料にはとても見合っていません!

素晴らしい映像授業を展開しているのは事実ですが、東進に近いクオリティの講座かつそれを低価格で提供している他社さんも存在します。

代表的な例を挙げると【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服 ですね。

スタディサプリは月額9,800円の定額制で、約4万の講座が受け放題です。さらにスタディサプリも多くの有名講師が講義をしていますし、各生徒に担当も付くので学習サポートも一級品です。

個人的に思うのが、「大手予備校なら安心だよね。」という考えで入塾を決めることがナンセンスです。そういう人に限って、スタディサプリのような本当に優れた塾を見落としてしまいます。

筆者が一番おすすめなのは、とりあえず【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服 の無料体験講座を受けてみることです。簡単に登録をして授業を受けることができますし、体験講座であれば料金も発生しませんからね。一度サイトを見てみましょう。

↓↓↓申し込みはここから↓↓↓


東進ハイスクールの合格実績

2018年度は東京大学に725名合格、旧帝大+東工大+一橋に3266名が合格という華々しい合格実績ですね。

合格実績については文句なしでしょう。上位大学に受かる生徒から下位大学にも受からない生徒といるのは事実ですが、東進でしっかり勉強をすれば結果がついてくるのは分かります。

東大に現役合格する生徒の約三分の一が東進生というのもすごいですね。

ただ、ひとつ気をつけて欲しいのが、特待生制度です。東進には、非常に優秀な(東大現役合格が見込まれる)生徒の授業料を免除する特待生の制度があります。

特待生で東進に入塾した生徒の多くは、東進の講座はあまり受けず、ただ所属しているだけというパターンが多いです。つまり、「東大に行けそうな生徒を囲って東進の合格実績にしてしまおう」というわけですね。

こんな事情もあるので、東進の合格実績を100%真に受けるのは良くないと思いますよ。

東進ハイスクールに通うメリット

では、簡単に東進ハイスクールに通うメリットを書いていきます。

なるべく他の他塾と差別化している部分を伝えます。

多数の有名講師の授業が受けられる

東進に通う一番のメリットは有名講師の授業が受けられることでしょう。(映像越しですが)

もはや芸能人ってレベルでメディア露出をしている林修先生を始め、ネプリーグに林先生と出演したことがあるくらい有名な安河内哲也先生など、超有名講師が多数います。

私の知人に、実際に林修先生の講座を受けている人がいましたが、超べた褒めでしたね。

ただ、講師の質にはもちろんムラがあり、「微妙だな」という講義も沢山あります。

それを踏まえても、大手予備校の中では比較的質が高い講義を提供していると言えます。

どこでも受講可能

つぎのメリットは、授業をどこでも受けられる点です。

東進の講座は、なんとスマホやパソコンから見ることが可能なのです。なので、家でも学校でも、図書館でも受講が可能というわけです。

しかし、この点で言うメリットは薄れている気がします。今超人気の【スタディサプリ】は当然どこでも映像授業を受けられますし、授業料もリーズナブルです。

「どこでも受けられる」というのはメリットですが、周りの塾なんかでもそれは可能なので、絶対的ではありません。

東進ハイスクールに通うデメリット

次に、東進ハイスクールに通うデメリットを解説していきます。

塾選びでは、メリットよりもデメリットに着目をして欲しいです。そうすれば、塾選びで失敗することは少ないでしょう。

校舎にいよって質が低い

東進ハイスクールはフランチャイズの東進衛星予備校も含め、校舎ごとのサービスに差があります。

塾長がとてもいい人で、生徒ファーストの運営をしていれ校舎も当然あるのですが、問題なのは全ての校舎がそうとは限らない点です。

例えば、利益を優先して生徒にとんでもない量の講座を受けさたりする塾長もいれば、必要かはなはだ疑問なテストを頻繁に行う校舎もあるのです。合宿と称し一日に15時間以上勉強をさせれられたという友人もいます。

このような校舎に引っかかってしまうと、大事な勉強時間を無駄にしてしまいますね。まさにブラック企業ならぬ、ブラック塾。

こんな塾に通い続けて身を滅ぼし、才能を生かせず受験を終えてしまった生徒を私は沢山知っています。

本当に入って気づくのでは手遅れです。そこらへんはよく吟味してから入塾を決めましょう。

料金が高い

はい、この記事の前半でも述べましたが、東進は驚くほど授業料が高いです。

「お金には余裕がるから」とかでは無く、ここで一歩踏みとどまって欲しいです。

  • 同じ価格帯でより質の高い塾はないか
  • 家庭教師はどうか
  • 私立大学の受験費、参考書にお金を当てたほうが良いのではないのか

このように吟味することはたくさんあります。

先程も述べましたが、元塾講師でこの業界に精通している私は圧倒的にスタディサプリのほうがおすすめです。スタディサプリを始めて成績がバンバン伸びていく生徒を沢山見てきました。

東進ハイスクールの評判

超人気映像授業、スタディサプリとの比較

スタディサプリを散々おすすめしてきたので、最後に東進ハイスクールとスタディサプリの比較をしてみます。

内容1-1 東進ハイスクール 【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服
料金例 100万前後/年 9800円/1ヵ月
授業の質
受講場所 基本的に校舎 どこでもOK
塾からの圧力・干渉 強い 程よい
その他サポート あり(無駄なことも多い) 充実している

東進とスタディサプリサプリの主な違いは、「金額」と「塾からの圧力・干渉」ですね。

スタディサプリサプリであれば、普通の予備校の10分の1程の授業料で済みます。ここでのポイントが、同じ質の高さの授業を提供しているという点です。

↓↓↓申し込みはここから↓↓↓

スタディサプリについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事がおすすめです。

まとめ

今回は東進ハイスクールについて紹介しました。ある程度の全貌がつかめたと思います。

いい塾であることには間違いありませんが、見逃せないデメリットも結構あります。

大学受験は人生の大きな分岐点です。慎重な判断をしましょう。

ちなみに私が一番おすすめするのは、先程も紹介した【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服 です!

↓↓↓申し込みはここから↓↓↓

塾をお探しの方は以下の記事もおすすめです。