社会人になりたくない理由と解決策を考えてみた

f:id:jiji_travel:20181112020253j:plain

社会人になりたくない人は多いはず。

私はまだまだ大学生ですが、社会人にならない方法は無いか日々模索中です。

今回は自分なりに社会人になりたくない理由と、解決策を考えてみました。

社会人になりたくない理由

とりあえず社会人になりたくない理由をまとめました。

超個人的な意見ですがご覧ください。

なりたいものがないから

社会人になりたくない理由の根本はこれかもしれません。

そう、将来の夢がないんです。

「弁護士になりたい」「教師になりたい」と言ってる周りの友達が羨ましいです。僕にはなりたいものも目指すものも無いんだもん。

きっと私のように将来の夢が無い人はみんな学生のままでいたいはず。

将来の夢とかがないってことは、別に自分が本当の本心からやりたい仕事に就くわけでないですからね。

まあ逆に考えれば、本当にやりたいことを見つけさえすれば社会人になることの抵抗感も減るかもしれません。

自由な時間が少なくなるから

これも大きいです。

私は今大学生ですが、文系ということもありめちゃくちゃ暇です。

私の通っている大学は単位の関係で、1年間で沢山授業受けられる訳でないので、大学が週3とか週4になってしまいます。

なので、週の半分以上の時間を自分の使いたいように使って良いわけですね。

しかし、社会人になったら週5回も一日中拘束されるなんて考えられません。

それに有給が全て消化できるのかもわからないし、丸々2ヶ月の長期休暇なんて退職するまでありえないでしょう。

私はまだまだいろんなことに挑戦をする人生を送りたいです。

こうやってブログを始めてみたり、いろんな所に行ってみたり、沢山遊びちらしたり、いろんな本読んでみたり。

とりあえず、社会人になると自由な時間が思いっきり減るのはかなりキツいところですね。

ストレスがやばそうだから

これは想像と聞いた話でしか無いですが、ストレスがやばそうという話。

正直どこの会社入っても、残業・飲み会・出世争い、なんて付き物だし、私が嫌いなものだらけです。

当然定時で帰りたいし、参加したくない飲み会にも行きたくない、成績・上司からの評価に追われて仕事もしたくない。

きっとこんなのに振り回されて働くことになるのでしょう。

正直、私がここに書き連ねているのはただの「甘え」かもしれませんね。

解決策はあるのか?

僕自身、大学を卒業した後、いかに楽に生活できるか考えたことが何度もあります。

大学院に進学

これは、社会人になることを先延ばしする行為ですね。

これなら簡単に2年は延命できそうです。僕も大学生活を6年間謳歌したい!

でも大学院って、学び、研究をする場所ですよね。

絶対僕みたいに勉強や学問が好きくない人間が行く所ではない。むしろ行っちゃ駄目な気がします。

僕のように消極的な人間が大学院に行くと、就職で逆に不利になると言いますよね、文系だし。

ということで、大学院に新学して延命措置をはかる策はボツです。

投資家

投資家になって不老所得で生活もありですよね。

投資で得た金で生活すれば、文字通り社会から離れて生活できそうな気もする。

しかし、投資をはじめるのにもお金が必要ですよね。

結局最初の資金集めのために働かなくちゃいけない。

それに、資金をたくさん集めて投資を始めたところでうまくいくのかって問題。

やっぱりリスクを取らなきゃリターンは少ないし、リスクが少ないと安心だけど全然増えねえだろ。

不動産を一括で手に入れて、家賃収入とか得られるなら別だけど、結局チャートの動きにビクビクして生活するんじゃ元も子もない。

投資を始めるなら沢山勉強しなきゃいけないし、未来を予測してお金を増やすってほとんど不可能とも言われている。

これもとても現実的じゃないからボツ。

本当に就きたい仕事を探す

これが最も有効な手だと思います。

とにかく自分が心からやりたいことを見つけることができれば、社会人もツラいものではなくなるでしょう。

私は、いまやりたいことを探すことに最も夢中かもしれません。

今一番後悔しない方法はこれだと思います。

結論

結論、普通の社会人になるのが一番。

たまーにTwitterとかで流れてくる、やりたいことあるなら大学なんて中退しちゃえみたいな意見には鳥肌が立ちます。

そんなのに影響されて辞めてしまう人こそ、レールから外れるべきじゃないと思いますね。

僕にはリスクを取らず、ごく普通の一般的な社会人になるのが最適解なんだろう。という結論にいつも至る。

社会人になりたくない→結局無難な社会人が1番→でも社会人になりたくねえ→....

こんなふうにエンドレスで考え続けるのだろう...