【一瞬で止まる】しゃっくりの止め方12選!すぐに止める方法を紹介

f:id:jiji_travel:20190131164835j:plain

止まらないしゃっくりは辛すぎますよね?私もしゃっくりに悩む人間の一人です。

そこでネット上に出回っているしゃっくりを治す方法を徹底的に調べあげ、ついに解決策を見出しました。

今回はしゃっくりを止めるために、あの手この手を尽くせるよう、手段をズラッと書き並べておきます。少なくとも全てチャレンジするまでにはしゃっくりは治るはずですよ!

※注意・・・科学的根拠なし!迷信あり!都市伝説あり!です。若干ネタ的な部分もあるのでご容赦も。

しゃっくりとは

f:id:jiji_travel:20190130235849j:plain

しゃっくりとは「横隔膜のけいれん」のことを指します。

この横隔膜が何かのはずみでけいれんすると、「ひっく」と鳴ってしまうそうですよ。

では、サクッと本題に入っていきます。

しゃっくりを止める方法

f:id:jiji_travel:20190130195026j:plain

しゃっくりを止める方法を簡単に解説していきます。

今回は沢山紹介していますので、様々な方法を実践してみるのが一番効果がでます。とりあえず試してみてください!

深い深い深呼吸をする

まずは大きな深呼吸をしましょう。

「すぅーっ」と肺が最大限に膨らむまで息を吸って、限界まできたらゆっくり吐ききりましょう。

コツは時間をかけてやるだけです。息を吸う時と吐く時のそれぞれで、時間をカウントしながらやるのもおすすめです。

長時間息を止める

次の方法は、長時間息を止める方法です。先程の深呼吸の方法にも似ていますね。

まずは大きく息を吸いましょう。限界まで吸ったら、そのまま我慢します。我慢が限界になったらようやく吐きましょう。

さっきの深呼吸と組み合わせて、効果を高めましょう。

目を瞑ってゆっくり呼吸

先程の2つは普段と異なる呼吸法をあえてしましたが、次はゆったりとした呼吸を用います。

まずは目をつぶりましょう。心が落ち着いてきたら、ゆっくり呼吸をします。

身体を落ち着かせるイメージで呼吸を繰り返します。ここで一つポイントが、瞼(まぶた)にそっと指をあてることです。

上2つと交互にやるのもおすすめです。

冷水を飲む

次は冷水を飲むという方法です。

水をゴクゴク....

はい、まあ多分やったことある人が大半でしょう。水を飲む方法の応用を書いていきます。

塩水を飲む

次は塩水を飲むという方法です。これは、私のおばあちゃんに教わった方法ですね。(笑)

塩がしゃっくりに効くらしい...?

普通の冷水よりは効果が期待できそうですし、簡単なのでやってみる価値ありですよ!

コーラのイッキ飲み

次の方法はコーラのイッキ飲みです。これは私がよくやる方法ですね。

やることは簡単で、コーラを勢いよく飲むだけ。ゲップが出るはずなので、思いっきり出しましょう!※人前ではダメ、絶対

実際に飲むのはコーラでなくてもokです。つまり、強めの炭酸飲料なら効果ありというわけです。

舌を向きながら水を飲む

次の方法は下を向きながら水を飲むという方法です。

口に水を含んだら、下を向きましょう。吹き出さないように気をつけながら飲んでいきます。

喉のある部分を刺激しながら水が通っていくので、しゃっくりに効くそうですよ。

うがい

つぎの方法はうがいをすることです。

やることは簡単。しゃっくりが止まるまでうがいをし続けましょう。

これが意外と効果てきめんで、いつの間にか止まります。外出先だったら、トイレに駆け込みましょう!

舌を引っ張る

Twitterでも話題になっていたのがこの方法。「舌を引っ張る」です。

少し抵抗がありますが、舌を引っ張って、20秒以上維持しましょう。

どうでしょうか?効き目を感じた人も多いハズ。

舌の根本にしゃっくりに関連する神経があるとやらで、それを刺激するからしゃっくりが治りやすいそうですね。

耳に蓋をする

次の方法は、耳に蓋をするというやり方です。

これもやり方は簡単で、指で両耳を思いっきり塞ぐだけです。耳に蓋をする際は、過剰に力をいれずに適度に抑えましょう。

こちらのやり方はテレビでも話題になったそうですよ!

周りの人に驚かせてもらう

次の方法は、びっくりしてしゃっくりを止める方法です。

外からの刺激で驚いたりびっくりすると、しゃっくりが止まると聞かされていた人も多いはず。

周りの人に頼んで、不意のタイミングで驚かせてもらいましょう。

「ナスの色は紫」

「ナスの色は紫」と唱えたり、心の中で念じる方法です。

ナスの色は紫と、ひたすら唱えてみましょう。しゃくりどころでは無くなるはず(笑)。

また、心の中で「ナスの色は紫」とイメージしていきましょう。そうするだけで治るかもしれません。

これは、ちょっと都市伝説的なところもあるので、参考程度に受け取ってください。

深呼吸と水の組み合わせ技

次は組み合わせ技で、深呼吸とお水を用います。

最初に深呼吸をします。深呼吸をしきったら、そのまま息を吐き出し続けます。

吐ききったタイミングが最大のチャンスです。とても苦しいですが、そのタイミングで水をイッキ飲みします。

私個人的には、一番楽で効果がある方法ですね。

症状が長い時は薬を買う

しゃっくりが長期間止まらないならば、薬を買いましょう。

病院や薬局に薬を処方してもらえば、改善が見込めます。

いまではAmazonでもお手頃な価格で手に入りますね。

しゃっくりの原因から断つ

いざという時にしゃっくりに苦しめられないように、しゃっくりの主な原因から理解しておきましょう。

しゃっくりの原因は様々ですが、長期に渡ってしゃっくりにあんる人達には以下のような原因が見られます。

  • 脳血管障害の後遺症
  • アルコール多飲
  • 薬の副作用

特に注目して欲しいのは「アルコール多飲」です。しゃっくりは横隔膜のけいれんのことを指すのですが、アルコールはこの横隔膜の動きを調整する神経を刺激してしまいます。

長期に渡ってアルコールを飲みすぎてしまうと横隔膜がけいれんしやすくなってしまうわけです。

日常的な点から見ると、他にも原因はあります。

  • 食べ過ぎ、早食い
  • タバコ

食べ過ぎや早食いはしゃっくりの原因になりやすいです。食べた後にしゃっくりになった覚えはありませんか?

また、タバコもしゃっくりの原因になりがちです。しゃっくりで苦しんでいる人は控えたほうが良いかもしれません。

とにかく、薬の副作用・アルコール・食べ過ぎ・早食い・タバコに気をつけていれば、しゃっくりの原因を絶ちやすいです!見に覚えがあったら、すぐに控えましょう。

まとめ

今回はしゃっくりの止め方を紹介しました。

ちょっとおもしろいものもあれば、本当に効き目があるものもあります。

普段の生活から気をつけて、しゃっくりにならないように努めましょう!