【1週間からOK】リゾートバイトとは?きつい、稼げる?疑問にお答えします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「リゾート地で遊びながら働きたい」「日本全国の様々な人と出会いたい」「ガッツリお金を貯めたい」これらすべてを満たせる最強のアルバイトがあります。


それが 「リゾートバイト」 です!

リゾートバイトとは何か全くわかっていない人もいると思います。「きついの?稼げるの?期間は?1週間だけでもいいの?」疑問は全部この記事で解決しちゃいましょう。他にも注意点や感想など、バシバシ載せていきますね~ 。


※1週間だけ働きたいよ、という人は目次から飛んでください

リゾートバイトとは?

「そもそも、リゾートバイトって何!初耳なんだけど!」

「派遣バイト?住み込み?寮生活?普通のアルバイトとの違いは?」

そんな状態の人もいますよね。

簡単です。リゾートバイトとは、リゾート地でバイトをすることです。ちなみに「リゾバ」とは単にリゾートバイトの略称です。

リゾートバイトならリゾバ.comのような派遣会社のサイトに登録をし、担当の人と勤務地や期間を相談して決定したら働けます。


この記事を全部みていけばリゾバの全貌は分かると思いますが、最初から派遣会社の求人を見たり、実際に登録して面談をしちゃうほうが死ぬほど手っ取り早いです!面談も電話1本で可能なのでとてもスムーズです。 面倒くせえ!スムーズがいい!という人は以下のようなリンクから飛んでしまっても全然かまいません。


リゾートバイトならリゾバ.com


はたらくどっとこむ


リゾートバイトならアルファリゾート!



さあ、気を取り直してリゾバについて解説していきます。 ここで言うリゾート地には様々あります。見ていきましょう。


・温泉
・旅館・ホテル
・スキー場
・海の家
・キャンプ場
etc...


ざっくりこんな感じ。

勤務地は沖縄から北海道まで日本全国です。具体的な例を出すと、大分の別府温泉や軽井沢のホテル、ナガシマスパーランドのようなテーマパークなどそれっぽいものは全部そうです。


こういったリゾート地に行き、寮で住み込みをしながら、中居やフロントなど様々な業種から選んでバイトをします。

このバイトの何よりの魅力は部屋・食事・光熱費などが全て無料。タダですよ! エアコンをどれだけつけていようが、ずっと電気をつけていようがタダ!(常識の範囲でやりましょう)



期間

基本的には自由なタイミングで働けます。ほんとに。 夏休みの1ヶ月もよし。半年間ガッツリでもよし。とりあえず自由!



一応、求人が多く出ているのは下の期間です。


・ゴールデンウィークやお盆・年末年始だけの超短期(1週間前後)

・夏休みや冬休みの短期(約1ヶ月間)

・1シーズン(季節)の中期(約3ヶ月)

・2シーズン(季節)以上の長期(6ヶ月~)


短い期間であればあるほど、リゾート地の繁忙期のほうが求人数が多いですね。



仕事内容・職種

仕事内容に関しては、よくあるアルバイトとあんまり変わりません。

接客や裏方、調理など、リゾートバイトだからといって特殊な業務をすることはほとんどありません。あるとすれば、スキー場のリフトなどですね。


レストランサービス
フロント・ベル
売店・販売
仲居
全般業務
電話予約・事務
調理
裏方(清掃・洗い場)
リフト
アトラクション
テーマパーク


またもやざっくりこんな感じ。働く場所が特殊であっても仕事内容の本質は通常と変わりませんね、やはり。

ちなみに、短期のリゾバほど業務内容は簡単です。まあ、すぐいなくなっちゃう人に難しいこと教えるのなんて効率悪いですもんね。



勤務・労働時間


気になりますよね。まあ、結論から言うと他のバイトとあまり変わりません。普通に1時間休憩を挟み、8時間フルタイムで働きます。働く時間帯は朝からでも午後からでも可能です。どの時間帯で働きたいかは派遣会社の担当の方と相談すれば大体は思い通りになります。


しかし、リゾートバイトで働く際にココだけは気をつけて欲しい点があります。それは、「中抜けシフト」の存在です。中抜けシフトとは旅館やホテルが忙しい、朝と夕方だけ働くスタイルです。具体的に言うと、朝の7時から11時まで働き夕方の17時まで休憩。その後17時から21時まで働く。みたいな感じです。これは、個人的に結構キツいです(笑)。朝は早いし、お昼も寝てたら終わっちゃうしなんか勿体無い感じです。

これからリゾバに行く人は、働く時間をどうしたいか派遣会社に相談しておきましょう



誰でも働ける?

はい、超余裕です。年齢学歴性別国籍不問!だれでもどうぞ!派遣会社に登録すれば、ok。合否に関わる面接なんて存在しません。



では、どんなひとが働いているかご紹介。

僕が今までに遭遇したリゾートアルバイターの境遇はこんな感じです。


長期休暇を持て余した大学生

内定決まり、就職前にひと稼ぎする人

リゾートバイトだけで転々といろんな地域を回っているフリーター

おとなりのの中国からのインターン生

夢を追いかける人(バンドマン)

資格・英語の勉強をしながら、資金調達

留学資金を貯めるために来ている

外国からワーキングホリデーきた人


ん~。いろんな境遇ですね。

動機も見てみましょう。


働きながら観光や旅行をしたい

旅館の温泉に毎日入りたい

現実逃避

いつもの日常とはちょっと違った体験をしたい
シンプルに「楽しそうだから」

新しい出会い・恋愛・友達を求めて

お金を貯めたい

動機もほんと色々。数え切れません。

誰でもどこからでも働けるリゾートバイトの醍醐味がこの多様性です。こんなにもいろんな人に出会えるバイトは中々ありませんよね。


時給・給料

なんのために働くかって、やっぱりお金ですよね。リゾバも究極言うとただ働くだけです。お金のためです。



Q.お金はどれくらいかせげるの?

A.バンバンかせげます。じゃんじゃん貯まります。


めっちゃ稼げます。というか、正確に言うと死ぬほどお金がたまります。

じゃあ何故か?と言うと、時給がそうでもないです。大体1000円、1100円~は高め、~1000はちょい安め、って印象です。



また、注意してもらいたいのは、_同じ職場の同じ業務内容の人であっても、派遣会社によって時給が異なる点です。 _


例えば

〇〇温泉にリゾートバイトをしにきた、AさんとBくんがいるとします。ここではAさんとBくんの派遣会社は違うものとします。そうすると、おなじ接客のお仕事をしているにもかかわらず、Aさんの時給は1000円でBくんの時給は950円である。


こんなケースもたまに存在するので気をつけてください。高い時給で働きたいひとはリゾートバイトならリゾバ.comがおすすめです。案件の多さと給料の高さなどがウリです。


稼げるではなく貯まる、と言ったわけを解説しますね。 なんでかって言うと、「生活にお金がかからないから!」 はい、本当にかかりません。


食費タダ
→三食まかないが支給される

水道光熱費タダ
→冷房がんがん、シャワー出しっぱでもかかりません

家賃タダ
→大体寮なんで、金はかからない

お風呂タダ
→旅館やホテルならもはや温泉はいれます

交通費タダ
→勤務を満了すれば大体の会社は支給してくれます。


てな感じでお金かかりません。最大の強みです。ココらへんはまた後で詳しく述べますね。これを吟味していくら稼げるかというと、


1週間で5万~6万 一ヶ月で20万~30万


という感じですね。あとは税金と娯楽に使った分しか引かれないのでメチャクソ貯ます。




1週間からのリゾバがオススメ

リゾバに対して不安な方も沢山居ますでしょう。そんな人には1週間のリゾートバイトがおすすめです。まあ、保険かけてちょこっとの期間だけ行ってみるのがベストって事です。


しかし、求人を探すのは少し難易度が高いですよね。ここで、コツはただ1つ。最も1週間リゾートバイトの求人の数が多いリゾートバイトならリゾバ.com に登録するだけです。ぼくもココ経由で働きました。


僕が行った時は怒涛の1週間で、あっという間でした(もはやあんまり記憶にない笑)。しかし、ぼくがリゾバに目覚めたのはこの一週間のおかげです。少なくとも刺激的な1週間になることは間違いありません!



よくあるQ&Aコーナー

はい、良くある疑問をQ&A形式でお答えしていきます!



Q1.途中で辞めれる?


A.辞めれます。


まあ、普通のバイトと同じで労働環境などに問題があれば辞めて全然問題ないです。

やっぱり、僻地とかで働くことも多く、独特の文化や風習もありますし、人間関係もそれなりに面倒です。それに、社員同士は土地柄仲もいいので派遣アルバイトが社員に文句とかも言いにくいです。もし不満点や問題点があれば、必ず派遣会社の担当者に相談してみましょう。部屋が汚いなどであれば、変えてもらえるケースもあるそうです。



とにかく何か問題があったら

①派遣会社に相談

②対応可能ならば対応して解決する

③どうしてもダメだったら、辞める旨を派遣会社と職場に伝える

という流れで対応しましょう。問題があるのに嫌々バイトを続けるのは良くないです。

このことからも分かるように派遣会社選びも重要です。サポートが厚いと有名なのははたらくどっとこむです。ぼくもここで働いたことがあります。



Q2.もし途中で辞めたら、それまでに稼いだ給料はもらえるの?


A.もらえます。もらえなかったら相当ヤバイ


これも普通のバイトと一緒でもらえます。むしろ給料は派遣会社を通すので安心できるでしょう。もし、もらえないのであれば相当ヤバイ職場です。そもそも給料を払わないことは、普通に法律違反です。訴えられます。もしも、そんな事態になった場合は労働組合に相談してみましょう。

また、不安であれば自分が勤務した時間などの証拠が残るものを写真におさめておくなどすると良いです。証拠があればなんとかはなります。

まあ、度々になりますがもらえないことは殆ど無いに等しいです。僕は聞いたことがありません。



Q3.住み込み生活の環境は?(特に寮)


A.完全に場所によるので一概には言えません(スミマセン)


こればかりはしょうがないです。 まず、寮は派遣会社のものでは無く、派遣先の職場で用意された場所に住みます。なので完全に派遣先次第です。

また、寮のすぐ近くに、職場やスーパーやコンビニがあるとも限りません。

これらは、行ってみないと分からない・・・というわけではありません!!



リゾートバイトの派遣会社に仕事を紹介してもらう際に、事前に「どんな寮?」「エアコンやテレビ、洗濯機は?」「トイレ・風呂は清潔?」「コンビニまで徒歩10分」など、結構細かいところまで教えてくれます。なーので、自分の希望を派遣会社の担当の方に伝えれば、大体希望どおりの部屋や、立地の場所を選択できます。ちなみに、一番キレイなのは、普段お客様が使うはずの部屋を借りる場合や、つい最近まで誰かが住んでいた部屋、かつ寮の管理人がいる場合ですね。


ちなみになんですが、リゾバの寮にはどんなタイプがあるかご存じですか?大体はこんな感じの種類です。


・個室(キッチンなど一部共同)

・2~4人の相部屋

・アパートタイプの完全個室

・旅館・ホテルの空いた客室

・カップル部屋


これも、リゾートバイトの派遣会社に伝えておけば、良い求人を紹介してくれるので便利。


まあ生活環境に関して言うとキリがないので、一例として今年の夏に僕が行ったときの環境をあげますね。

寮は伝えられていた通り、男女別々の棟で、部屋も個室で思ったより広く快適でした。下の写真は僕が泊まった寮です。

クーラーも割と新しそうだったし、テレビも冷蔵庫も部屋についていました。トイレと洗濯機・乾燥機と流しや台所は共同スペースにありましたが、管理人さんも居たのでキレイで全く文句なしでした。不満点を挙げるならば、壁がとても薄かったこととWi-Fi環境はあったが自分の部屋までで電波がとどかなかったことです。


Wi-Fiは正直ガッカリでした。派遣会社の人もWi-Fi環境は完備されていると言っていたのに、この待遇はなあと思います。皆さんもWi-Fiには気をつけたほうが良いです。そもそもポケットワイファイの電波が届かない地域に飛ばされることもあるので、要確認を!


他の点で言うと、スーパーは近くにありましたがコンビニは徒歩30分かかりました(笑)。やっぱり、リゾート地は遊ぶ分にはいいが、住みにくい場所ばかりであることは頭の片隅に入れておきましょう。



Q4.食事は何が出されるの?1日何食?


A.これまた場所による・・・が、たいていは三食無料!


食事もやっぱり派遣先次第なんですよね~。ですが、たいていは用意されています。2食しかでない場所もあるそうなんで、派遣会社の方と相談する際に要確認!

ちなみにどんな食事が提供されるかというと、お弁当が用意されている場合もあれば、バイキングなどの残り、もしくは従業員食堂専用の調理の方がいる場合あります。内容も派遣先次第ですね。あと、食事の内容はこっちから聞いておかないと、向こうから教えてくれないと思います(つまり、1日何食出るかはたいてい派遣会社の方からおしえてくれます)。


参考程度にぼくが夏に行った派遣先の旅館では


朝:米+卵(生でも焼いてもok、自分で調理)+1品(おひたしみたいなのばっかだった)


昼:お客さんに朝提供したバイキングの残り+冷凍食品


夜:業者から取り寄せたただの弁当or冷凍食品


みたいな感じでした。今思うと味気ないな...(笑)。でも、食事は三食出る派遣先が絶対オススメです。別に食べたくなかったら食べなきゃいいんだもん。



Q5.職場環境は?厳しい人いっぱいなの?


A.職場環境は場所による。厳しい人はどこにいっても1人くらはいいる!



これも派遣会社を通して聞くしかありません。しかも、詳しくは分かんないです。もう、行くしかねえ!

どこいっても厳しい人はいます。旅館やホテルはそうでなくちゃ成り立ちません。ですが、たいていはマニュアルなども用意されているし、優しく指導してくれる人もいます。ちょっと厳しいかなくらいならがんばれます。


また、職場環境についてもっと言うと、バイト中はクッソ忙しいです死にます。

はい、半分ウソです(スミマセン)。何かって言うと、GWやお盆などの繁忙期が死ぬほど忙しいです。逆に、なーんにもイベントがない適当な月は暇です。死ぬほど暇です(笑)。忙しいか暇かはお客さんの量次第ですよ。


まあ本当にどんな職場環境になるかは運次第です。ほんの少しでもいい職場環境で働ける可能性を高めたい人には1つ裏技があります。


派遣先のレビューをみましょう。これは簡単に調べられます。

例えば、「○○ホテル 評判」「〇〇温泉 レビュー」と、Googleなどで検索すると、「接客が良かった・悪かった」など、出てきます。はい、ご察しの通り、「接客が良かった」の方に行きましょう。むしろ、接客が悪いというレビューがつけられている場所は危険です。要検討しましょう。

何回も言いますが、酷い労働環境であればすぐ辞めちゃいましょう。案外簡単に職場を変えられます。 からね!)



Q6.実際遊べる時間はあるの?


A.はい、余裕で遊べます。むしろ暇になるレベルです。


リゾバに行っても、せいぜい8時間しか働かないんですよ。つまり、中抜けシフトでも無い限り、午前か午後はずっと暇です。また、繁忙期などは週1でしか休日が無いことはたまにあります。ですが、だいたいは週に2日間キッチリお休みをもらえます。また、特定の日に休みたいなどの希望があれば、前もって伝えておくことで休みたい日に休めてしまいます。



もう、遊ぶしかないですよね。派遣先の観光地は思いっきり観光しつくせます。美味しいものもいっぱい食べられます。本当に最高ですよ。まさにリゾバの醍醐味です。もし、派遣先で友達ができてしまえば、予定を合わせて出かけることも可能です。地元の人と仲良くなれば、穴場スポットも簡単に行けてしまいます。



Q7.初心者でも大丈夫?


A.ノープロブレム!むしろ初心者が多いよ


リゾバ初めてな人ばかりですよ。いざ、勤務地に行っても、「何年もリゾバしています」という人はめっちゃ珍しいです、むしろ。やっぱり「大学生で夏休みだけ」とか「転職の合間に」みたいな人ばかりなんでね。さっきも書きましたが、仕事内容も全然怖がる必要はナシ。とりあえず、派遣会社に申し込んで相談してみちゃうのが一番おすすめ。直接会社に面談をしなくても、電話だけでokだから、手っ取り早いですよ!


リゾートバイトならリゾバ.com


はたらくどっとこむ


リゾートバイトならアルファリゾート!



Q8.リゾバで一生暮らしていけるの?


A.暮らせます余裕です。


ハッキリ言って余裕のよっちゃんです。そんな人生もあり。 さっきも言いましたが、いろんな人が働けるので派遣でも職にあぶれることもありません。生活費もほとんどかかりません。のんびり生きていけますね(笑)。


ちなみに、リゾートバイトは長くても、1年~2年、大体は数ヶ月で他の場所に移り変わる人が多いです。つまり、日本を横断しながらでも働けますね。


また、何ヶ月、何年と長く勤務をしていれば、正社員になれる場合もあります。しかし、正社員になると、待遇が変わるケースもあり、まかないがなくなったり、温泉禁止になったりする場所もあるみたいなので気をつけましょう。ですが、ココらへんは場所によって様々です。



Q9.女性でも大丈夫?危なくない?


A.大丈夫です。半分は女性の方。


まあ実際は職種によって異なるのですが(例えば、旅館の仲居は9割が女性)、総じて言うと男女比は半分半分です。


「知らない土地にいきなり住む!?女の子には危なくない??」


まあ、こういう思考になるのは普通だと思います。まあ、危険だったらニュースとかになっています。リゾート地は、言ってしまうとただの田舎であることが多いです。行けばわかりますが、なんとなくノホホンとした感じで、むしろ都心のほうが危険でしょう。

また、たいていは寮なども男女別々だし、お互いの寮には侵入禁止であるので、そういう点でも危険ではないです。まあ、行ってみないと分からないとも思いますので。派遣会社の方に相談してみましょう。



Q10.コミュ障でも友達はできる?


A.できますよ。僕もコミュ障でしたが、なんとか(笑)。


わざわざ遠くまで来て、気軽に話せる人がいない!とかつらいですよね。でも、みんなそうなんです。

ですがむしろ、日常生活よりもリゾートバイトのほうが友達作りのハードルはかなり低いです。


ただ1つ、注意点とすれば、社員さんばかりで派遣が少ないとちょっと難しいです。土地柄、社員同士はめっちゃ仲がいいですからね。なので、派遣でリゾバに来ている人数が多いところで働きましょう。そうすれば難易度おダウンです。



Q11.荷物がいっぱい?全部持っていけるの?


A.持っていけます


いくらでも持って行けます。いざ、行こうとすると荷物めっちゃ増えますよね。そりゃ何ヶ月も働くわけだし。確かに全部持っていくのは大変でしょう。なので、郵便局に行って送りましょう。そうすれば、無限に持っていけます。帰るときも同じように、自分の家に郵送するだけなので、ノープロブレム。


消耗品以外は持っていくのが吉。消耗品は向こうのスーパーやコンビニでも買えますし、ネットを使ってアマゾンや楽天で配達してもらうこともできるのでね。

任天堂Switchなどといったテレビゲームを持ち込むのもあり、お気に入りの漫画全巻持っていくのもok。なんせ、期間が長いので、住心地よくしましょう。



リゾバ勤務中の注意点

ここまで読んでくれた方は、もうリゾバに興味を持ったくれたでしょうか?

最後に最高のリゾートバイトにするための、最重要ポイント教えちゃいます。


リゾバはあくまで「バイト」。しっかり働こう!

そのままです。リゾバに行く動機は何でもいいです。ですが、行った先には、実際に働いて生計を営む人、大事なお客様などがいるのです。遊びではありません。そのような人達の手助けをするために来ているのです。それだけは忘れないようにしましょう。必死に働いていれば、待遇も良くなるし、人も寄ってきます。

遊びに行くのもいいですが、ちゃんと働くことが最優先!


リゾバの派遣会社は徹底的に有効活用しよう

正直、これに尽きます。理想のリゾバに出来るかは、いかに派遣会社の担当の方に協力してもらうかにかかっています。

要望があったら、求人を決める前にどんどん担当に伝えましょう。ここの両者の連携が最大の鍵です。


最後に

ここまで読んでくれた皆さんありがとうございます。リゾートバイトはぼくにとっても本当に素晴らしい経験で思い出です。ぜひ、リゾバしてみましょう。

実は何ですが、僕は先程紹介した下の三社に登録しています。ここに登録した方はいつかお会いするかもしれませんね(笑)。

リゾートバイトならリゾバ.com


はたらくどっとこむ


リゾートバイトならアルファリゾート!