「河合塾マナビス」の評判は?高い料金に見合っているのか実際に通っていた僕がぶっちゃけます

スポンサーリンク

スポンサーリンク

僕は受験期にマナビスに通い、卒塾した後は河合塾マナビスで働いていました。


生徒側と塾側の両方から河合塾マナビスを知る僕が様々なことをぶっちゃけて行きたいと思います。


伝えたい事が多すぎて、文章量が多いかもしれません。
サクッと読みたい人は目次から必要なところに飛んでください。

授業料は高いのか

具体例な授業料は○○万円

率直に言うと授業料はめっちゃ高いです。


一般的な集団授業や個別塾でなら70万前後で済みますね。しかし、マナビスだと100万以上はするもんだと思ったほうがいいです。


マナビスの料金は映像の講座をどれだけ受講するかでだいぶ変わります。


以下は具体な話になります。気になる人だけ読んでください。


例えば英文法レベル3・4という講座は「1.5時間の授業×30コマ」となっていて、この講座の金額は約11万円ほどです。これを、英語の長文読解や数学や現代文などといった科目ごとに受講します。さらには同じ英文法でもレベルが1から5まであり、演習講座もあるので膨大な量の講座を受けなくてはいけないことが想像できると思います。そうすると300コマくらいは受講するので100万円くらいはかかることになりますね。


やっぱり100万は見積もっておいて欲しいです。


お金の支払いですが、もちろん入会時にほぼ全額払ってもらうことにはなります。


もし塾を辞める際には受けなかった授業のお金は返ってくるので、そこは安心してください。


料金に見合った授業か?


僕が受験生のときには、「こんな授業が90分で3千円もするのか、、、」と思うことは度々ありました。逆に、「たった3千円でこんなにいい授業が受けられるなんてすごい!」と思ったことは1度もないです。


いい授業であることは確かなんですが、授業自体が金額に対して割に合うかは微妙です。


しかし、映像授業だけがマナビスではありません。この後にも詳しく述べていきますが、その他の様々なメリットがあることを考えるとそこまで授業料が特別高いとは思いません


つまり、マナビスをフル活用すれば金額に見合ったサービスが受けられると思います



ちなみに、「そんな急に高いお金を用意できないよ」って方も多いと思います。そんな方にオススメなのがスタディサプリ【大学受験講座】です。


スタディサプリの授業は本当に質が高いし種類が豊富です。悩むようなら、月額980円で受けられるスタディサプリにしてしまったほうがいいですよ


こちらも検討してみてください。



↓↓↓申し込みはここから↓↓↓




合格実績は?

正直に言うとピンキリです。


僕は第一志望校に受かりましたが、浪人した友達も何人かいます。働いて生徒をみてきましたが、やはり受かる子は受かるし落ちる子は落ちます。


しかし、これは表面的な実績のみを見ている気がします。
マナビスで講師側として働いて感じたのは、ほとんどの生徒が入塾時に受かるだろうランクよりワンランク上の大学には受かっていることです。


これは、入塾当初マーチを志望していた生徒が早稲田に受かる、ということではありません。


入塾当初の実力なら「せいぜい日東駒専でも上出来かな、、、」という実力のマーチ志望の生徒が、日東駒専やマーチ下位学部に受かっているということです。


要するに僕が言いたいのは、河合塾マナビスに入塾して、その後も正しい勉強法で努力をした生徒の実力は伸びているということです。


第一志望校に受からないのは身の丈に見合った志望校選びができていない生徒が多いからです。


身の丈に合わない第一志望には受からないが、成績はほぼ確実に伸びる、という印象です。


具体的に合格実績を見たいなら公式サイトを見てください。実際に有名校に受かっている人がいることは確認できます。


講義の質は?

おおむね高い質です。


なんと言っても超大手予備校である河合塾の超有名講師の講義が受けられるのですからね。


有名どころで言うと英語の成川先生現代文の菊川先生です。どちらも調べれば出てきます。2人の先生には僕もお世話になりましたが、本当に高校の先生の授業の比じゃないです。


正直僕にとって分かりにくい講義もありましたが、友達は絶賛してたものもあったので人による所もあると思います。

映像授業って大丈夫?

これは受験生のやる気次第です。ある程度の好き嫌いはあると思いますが、やる気がある人なら寝たりすることなく集中して講義を聞くことは出来ます。


とりあえず映像授業であるメリットとデメリットをまとめました。



映像授業であるメリット

・自由度が高く、自分のペースで受けられる
・何度でも復習可能
・有名講師の授業を受けられる

まず映像授業のメリットして自由度が高いことがあげられます。


授業を受けていて分から無いところがあれば、停止して繰り返し見ることが可能なので、1回の授業での理解度が高いです。


また、時間が無い人であれば1.2倍速や1.5倍速で映像を流すこともできますし、既に理解している部分などの見る必要ない部分を飛ばすことも可能です。


河合塾マナビスであれば、1度受けた授業を塾に通っている間なら1ヶ月後でも半年後でも再び受けることもできます。


さらに、大きなメリットとしては大手予備校の有名講師の授業を受けることが出来ることです。これが本当にでかい。


僕は偉大な先生の講義を受けて英語の長文読解の解き方を根本から変えたこともあったし、センター試験の過去問をより早く解くこともできました。勉強の仕方やテストの解き方を変えて成功に繋がることもあったし、各授業での学習理解度も深かったです。


高校の先生の授業をのうのうと受けるのと、受験のプロである先生の授業を受けるのでは、話が全く違うことがわかりました


映像授業であるデメリット

・向かない人だと集中しにくい

デメリットはこれくらいですかね。
やはり人には向き不向きがあるので、とことん映像授業が向かない人もいるとは思います。しかし、受けてみないと分からないので、体験授業を受けることを推奨します。


河合塾マナビスの個性

・有名講師の映像授業とその自由度の高さ
・アシスタントアドバイザーの厚いサポート
・静かな勉強場所の確保
・河合塾出版の参考書が借りれる。過去問も借りることが可能。
・豊富な大学受験のノウハウ、知識の提供

ザッとこれだけあります。何個かピックアップします。


アシスタントアドバイザーの厚いサポート

アシスタントアドバイザー(通称AA)とは、河合塾マナビスにおける学習アドバイザーのことを言います。アシスタントアドバイザーは通常大学生(大体早慶や国立クラスの人)がやっています。


一応ぼくも、アシスタントアドバイザーとして働いていました。映像授業を受け終えたら生徒はアシスタントアドバイザーとアドバイスタイムというものをします。ここで、授業の内容を理解できているか確認してくれたりするのがおもな役割です。


しかし、僕がアシスタントアドバイザーを利用する真価が発揮するのはそこではないと思っています。彼らの本当にすごい所は、自身の大学受験の生々しい経験を活かして質問や相談に答えてくれることです。


僕も現役の受験時代はアシスタントアドバイザーに大変お世話になりました。「単語帳はどれがいいか?」「この数学の問題の解き方を教えて」と質問をすれば優しく丁寧に教えてくれます。_彼らの受験の成功も失敗も惜しみ無く伝えてくれます。__求められれば、ワンツーマンで学習のプランニングをしてくれるアドバイザーもいました。


それに、彼らは受験をしてから1年や2年しか経っていない人がほとんどです。彼らが与えてくれる情報は受験生にとって最も生々しく、重要な情報です。_


映像越しで予備校講師に実際に会えない部分を補完する役割とも言えるアシスタントアドバイザーが、マナビスにとっての強みであることが伝わったと思います。


  

学校を遥かに超える整った学習環境

この強みはシンプルですが非常に重要です。


まず、どの塾にもある「自習室」で勉強したい受験生はたくさんいると思います。ありとあらゆる誘惑から断ち切られ、静かで勉強にのみ集中できる空間は受験において必須です。


マナビスではもちろんこれが備えつけられています。自習室がない校舎もありますが、そういう校舎は映像授業を見て、そのままブースで自習ができます。


マナビスでは基本的にうるさくするような生徒もいませんし、職員も巡回などにくるので静寂さは保証できます。勉強の途中で疑問点が湧いても、すぐに質問できるので完璧ですね。


学校だと校舎が古かったり、友達もいるし、そもそも夜遅くまでやっていません。マナビスはできたての校舎がたくさんありますし、夜の10時まではやっています。


また、主に河合塾出版のものですが参考書も多く置いてあるので、必要があれば好きなだけ借りられます。


河合塾出版の参考書は非常に分かりやすいものが多いです。「やっておきたい英語長文シリーズ」や「プラチカ」、「現代文と格闘する」など受験を経験した多くの人がお世話になった良書ばかりです。


さらに、都内+有名な大学であれば赤本も置いてあります。目立たないですが、地味に大きなメリットでしょう。


業界大手の受験ノウハウ

このページを見ている人の中には通っている高校が進学校ではなく、学校では受験の基本知識が得られない人も多いと思います。


しかし、マナビスに通っていればそのような受験の基本知識は勝手に入ってきます。定期的にガイダンスが行われ、夏休みの過ごし方や出願方法など受験の基本の基本を確認できます。


「そんなこと知ってるし、そんな情報わざわざいらないよ」という人も多くいると_思います。しかし、河合塾は受験業界でかなりの大手で、非常にたくさんの受験に関するデータや情報を保有しています。


例えば、1番多くの受験生が受ける模試は河合塾の全統模試です。マナビスでは、その全統模試の映像解説講義を無料で受けることができます。模試関連でさらに言うなれば、河合模試の過去問も数年分保管してあるので、それを利用することも可能です。


このように、業界大手というだけで、様々なメリットや安心が得られます。


実際に通った生徒の声

実際に僕は受験期に通っていたし、働いていたこともあるので、マナビスに対して様々な意見を聞きました。


参考にできそうなものをいくつか載せますね。


  • 「自由度の高い映像授業がとてもよかった」

やはり、これはほとんどの人が言っていました。くどいと思うので、もうこれ以上は言いません。



  • 「アシスタントアドバイザーの方が親身に相談にのってくれる」

意外とアシスタントアドバイザーの存在も大きいです。彼らは受験生を想ういい人たちばかりでした。僕は感謝してもしきれません。



  • 「授業料が高く、親に申し訳ない」

正直、何度も言っていますが本当に高いです。ここさえ妥協できれば、って感じですね。



  • 「学校帰りに行きやすい」

意外とどの校舎でも当てはまる、的を得た一言です。マナビスはだいたい主要駅、乗り換えのある駅の近くにあります。駅を降りたら大体眼の前にあるので通いやすいですね。  


まとめ  

河合塾マナビスがいかに優れた塾であるかはお分かりになったかと思います。この塾に通うことには様々なメリットがありますが、確かに授業料は高いです。


高い授業料が嫌なら先程も紹介したスタディサプリ【大学受験講座】がコストパフォーマンスの面で断然オススメです。


大事な受験だから、と割り切れるひとはぜひマナビスに通ってください!


この記事を塾、あるいは予備校選びの参考にしてくれればな、と思います。


↓↓↓申し込みはここから↓↓↓