大学受験で塾に行かないなんてありえない!?塾が必要か不要か元塾講師が解説します

f:id:jiji_travel:20190202183036j:plain

これからの人生を大きく左右しうる大学受験。

受験勉強に取り掛かり始めるかにあたり、まず考えなくては行けないのは

「塾に行くべきか、行かないべきか」

元塾講師であり、現在も某国立大学に在籍する私は、

塾に行くメリットとデメリット

まずは塾にいくメリットとデメリットを簡単に解説します。

もっと詳しい記事を書く予定なので、より知りたい方はもう少々お待ちを。

メリット

  • プロの授業を受けられる
  • 整った勉強場所の確保
  • 勉強への強制力アップ
  • 受験に関する情報収集の簡易化

まず、なんと言ってもプロ講師の授業を受けられるのが大きいですね。河合塾マナビスや東進ハイスクール、スタディサプリといった映像授業も流行り、誰でも超人気の一流講師の授業を受けられる時代になりました。

プロの講師は受験のノウハウを大量に蓄積し、参考書やインターネットでは得られない情報を提供してくれますね。

勉強場所の確保も受験生にとって重要なポイントになります。塾に行けさえすれば勉強せざるを得ない、という環境は長い受験生活にとって大きな効果を発揮します。

さらに、受験に関する情報がたくさん入ってくるのもありがたいですね。自分で情報収集せず、受け身の体勢でいて大事な情報や役立つ知識が入ってくるのはありがたいです。

デメリット

  • それなりに大きな費用がかかる
  • 塾によっては授業の質が低い
  • ブラックな塾も存在する
  • 遠いと行くのに時間がかかる

まず第一に、それなりにお金がかかることは頭に入れておきましょう。大手の予備校だと年間100万円前後かかるもんだと思ったほうがいいですね。ただ、この記事を見ているのが受験生であればあまり気にする必要は無いでしょう。

問題なのは、塾によって当たりハズレがある点です。塾の利益重視で生徒の気持ちをあまり考えない塾もおおくあるのが事実です。

私は、ブラックな塾に入ったことが原因で受験を失敗した生徒を何人も知っています。授業料が高い塾や、大手予備校だからといって良い塾とは限らないのが現状です。

入塾を検討している人は、どんなメリットがあるかよりもデメリットに注目したほうがいいですよ。

塾がいらない人の特徴

f:id:jiji_travel:20190202183020j:plain

塾がいらない人の特徴を列挙していきます。

受験を一人で戦うにあたり、必要な能力とも言えます。これが一つでも欠けるなら、NGです。

計画性がある

f:id:jiji_travel:20190126173412j:plain

計画性があることは塾なしで大学受験に臨むにあたり、必須の能力でしょう。

塾に行けば、受験のプロが年間を通しての勉強の進め方を教えてくれますし、夏休みを有効的に使えるように進度も調節してくれます。各模試の結果で、今後の勉強の進度も調節してくれます。

しかし塾に行かないとなると、以上のことは当然自分ひとりでこなさなくてはいけません。

まずは、一週間から一年を通しての勉強の正しい計画が立てられそうか振り返りましょう。

1人で主体性を持って勉強ができる

f:id:jiji_travel:20190202152626j:plain

次に必要なのは、主体性を持って勉強ができるメンタルです。

大学受験を塾に入らないで攻略しようとすると、本格的に個人戦になってきます。まわりに「勉強しろ」と言ってくれる人もほとんどいません。

つまり、塾には強制力がありますが、行かないとなると自分の意志で勉強をしなくてはならないということです。

相当やる気があったり、明確な目標がないと主体性を持って勉強に望むのは難しいことです。人間はどんどん楽な方に進みたがるので、しょうがないですね。

とにかく、半端な気持ちで受験に望むというのであれば塾に入ることをおすすめします。

情報収集能力がある

f:id:jiji_travel:20190130195218j:plain

次に、情報収集能力も必要になります。

塾に入れば、おすすめの参考書や志望校の決め方などはもちろん、細かな情報を提供してくれます。

また塾のいいところは、受け身の姿勢でいても勝手に良い情報が入ってくることです。

さらに、大学生のアルバイトがいれば生々しい話が聞けますし、何十年もかけて得たノウハウを持つプロ講師も存在します。

塾に入らないとなると、学校やインターネットを駆使して情報を集めることになりますね。

まあ、正直に言うとハードルの低い点ではあります。インターネットによって情報を得るのが簡単な時代になりましたからね。

しかし、塾に行っていない人間のほうが受験の情報に対して圧倒的に不利ということは頭に入れておいたほうがいいです。

塾は基本的に入るべき

f:id:jiji_travel:20190117150532j:plain

塾に入らなくても大丈夫な生徒の特徴を紹介しましたが、この条件を満たす生徒はほとんど存在しないのが事実です。

なので、結論を言ってしまうと「迷うなら塾に入ってしまったほうがいい」ですね。

塾に入って失敗したと思ったらやめればいいだけなので、塾に入らないで後悔するより全然マシです。

筆者おすすめの塾

f:id:jiji_travel:20190125030119j:plain

元塾講師である私がおすすめの塾を紹介していきます。

塾は大きく分けると、

  • 個別指導
  • 集団授業
  • 映像授業

この3種類に大別されますね。私は映像授業の塾が最もおすすめですね。

個別指導や集団授業の塾は大学生のアルバイトが講師をしているところが多いです。高い授業量料を払ってアルバイトに教えてもらうってどうなの?と思います。

映像授業であれば、誰でも確実に質の高い授業を受けられます。こんな素晴らしいシステムが提供されている現代で、わざわざ二流・三流講師の授業を受けるのは時間の無駄です。

では、映像授業の塾のおすすめを2つだけ紹介しますね。

河合塾マナビス

まずは河合塾マナビスです。こちらは私も実際に通っていた塾ですね。

成川先生や菊池先生をはじめとし、有名な講師の授業を多く用意しています。授業の質に関しては一流レベルです。

また、駅前に塾を構えているので通いやすいのも大きなメリットになります。大手ということもあり、校舎も広くてきれいですね。

ただ、校舎によって当たりハズレがあるのがネックです。良くない校舎に入ると講座を必要以上に取らされ、受験校も無理やり増やされてしまいます。塾側に搾取だけされ、受験を失敗に終わらせないよう注意してください。

www.jiji-life.com

スタディサプリ

私が最もおすすめしているのはスタディサプリです。

こちらはリクルートが運営するネット予備校であり、人気もありますね。

特徴的なのが、どこでも受けられる映像授業とその種類の多さです。スタディサプリに入ってしまえば、すべての生徒が約4万種にも及ぶ授業が受け放題になります。

月額980円〜という破格の授業料もイチオシポイントですね。

まずは、【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服 から無料の体験講座を受けてみるのがおすすめですよ。

↓↓↓申し込みはここから↓↓↓

www.jiji-life.com

映像授業のおすすめ塾はこちらでも紹介しています。

www.jiji-life.com