自転車で1日200km走るのは可能?200キロ走破の持ち物や所要時間

ロードバイクやクロスバイクを買って、どこまで漕げるのか挑戦してみたい人、居ますよね?

1日100キロくらいは何度も漕いだことがありますが、200キロ漕ぐというのはあまり聞いたことがありませんでした。

なので、今回は1日で200キロ以上漕げるかチャレンジしてみました。

200キロ以上漕ぐことはできるのか?準備に何が必要かを紹介します。

1日で200キロ以上漕ぐことが出来るのか?

結論として、気合があればできます。ぼくは埼玉から長野までの200キロ以上の道を漕ぎきったことがあります。


まわりでも何人か200キロ以上漕いだ人がいるので、不可能な数字ではありませんね。



200キロ以上サイクリングをする際は準備が重要

超長距離のロングライドをする前に非常に重要なのが準備です。

1人でサイクリングする場合、完全自己責任であり、だれも助けてくれないもんだと思ってください。自転車に乗る際に一番重要なのは安全であり、危険だけは冒せません。

安全なサイクリングをするために入念な準備が必要なことは分かりましたよね?

今回は簡単に準備の手順をまとめました。

まずはルートを決める

まずはルートを決めていきます。目的地が決まっているなら、なるべく大きな道路で、峠は避けましょう。

またルートを決める際に、コンビニやスーパーマーケットに寄りたい時に寄れるようにしましょう。とにかくココらへんのお店があれば安心なので。

ルートを決めたら改めて見て、無理がないか確認してください。

出発の日時を考える

出発の日時もしっかり考えましょう。

超ロングライドをする際、冬などの冷え込む季節は辞めたほうがいいです。また、秋や春であっても昼夜の寒暖差が激しいですし、峠を超える際はその土地の気温も考えてください。

天候も考慮しつつ、悪天候になった時のための予備日なども設けて置きたいです。

必要な持ち物を揃える

200キロ以上ものサイクリングになりますと、必要な持ち物も増えます。忘れ物が命取りになることもあります。

とにかく、ここで紹介するものくらいは用意しておきましょう。

輪行袋

まず、一番重要なものが輪行袋です。輪行袋は電車に自転車を載せる事ができるスグレモノです。

なにかあった時に輪行によりエスケープできるのは大きいです。

自転車を漕いでいる時も、これがあるだけで安心感が違います。出番が無くとも絶対に必要ですね。

ライト

ライトも超重要アイテムです。ここでいうライトは、リアもフロントも含みます。

仮に早朝に出発するにしても、夜まで押す可能性は充分にあります。昼間であってもトンネルには通りますよね?

暗い道を走るのにライトが無いのは常識はずれであり、危険でもあり、とにかく論外です。

ライトは複数持っていくか、予備バッテリーも用意しましょう。これが無くては先に進めませんよ。

地図

地図も絶対に持っていきましょう。ここで言う地図は、電子機器による地図ではなく、紙ベースのものです。

サイクリングをしていると、スマホが使えない状況に陥ることはよくあります。そんな時にいつでも見られる地図がなかったら話になりませんよね。

地図を用意できたら、ルートも書いておくのがおすすめです。

パンク修理キット

自転車に乗っているとパンクもつきものです。パンクしたらゲームオーバーではなく、その場で直せるようにしておきましょう。

こちらも輪行袋と同じで、毎回使うとは限りません。しかし、持っているだけで安心感がありリスクヘッジもできます。

市販のパンク修理キットと、替えのチューブ、簡易空気入れの3つがあれば誰でもパンク修理はなんとかなります。

防水のバックとカッパ

長距離ライドをすると、思わぬ雨に会うことがよくあります。雨も気にせず進めるように、防水関連のものは揃えましょう。

僕的におすすめなのが、自転車に取り付けられるバックです。自分の体に身につけるものが多いと、それだけで負担になります。なので、荷物は減らすのが前提として、必要な荷物は自転車に載せましょう。その際には必ず防水仕様にしましょう。

また、カッパも必要です。傘なんてさせないのでね。

ぼくがおすすめなのは、ノースフェイスなどが出しているゴアテックス使用のマウンテンパーカーです。

雨風をしのげる上に、コンパクトなので携帯が楽です。デザインもいいのでパーフェクトです。

湿布

半分オマケ感覚で書いていますが、湿布なんかもあるといいです。

長時間のサイクリングは筋肉への負担が半端じゃないです。なるべく筋肉痛とかを残したくは無いですよね?

そのための湿布です。少しでも痛みを感じたら、すぐに貼れるようにしておきましょう。

ロードバイクやクロスバイクで200キロを漕ぐ所要時間

僕は、深夜に出発をし、途中仮眠をとってしまったこともあり15時間ほどかかりました。200キロも漕ぐと、休憩時間が想像以上に伸びたり、トラブルがあったりするので、プロでない人が漕いだ相場かもしれません。

また、これは峠を超えるかも大きく関係します。ぼくは峠をまるまる1つ超えたので、だいぶ時間をくいました。

平均時速18キロで走り、休憩やら峠やらトラブルやらで3時間ほど費やしてしまうと考えても14時間程ですね。

とりあえず、丸一日はかかるもんだと思って挑戦してください。

まとめ

今回は僕が1日で200キロ自転車を漕いだ経験をもとに、準備や必要なものを紹介しました。

万全な準備で望めば、意外と200キロくらいなら漕げてしまいます。ぜひチャレンジしてみましょう。