大学生の103万の壁は廃止するか例外を設けるべきだ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:jiji_travel:20181202235035j:plain

僕は日常的に今の日本の制度に疑問を感じたり、改善を求めているわけではない人間だ。


しかし、大学生としてひとつだけこの制度だけは変えた方がいいと思うものがある。


それが、「103万の壁」である。


この記事では、103万の壁とは具体的にどういったものかを解説し、僕の意見を述べて行くだけの記事です。気になった人だけどうぞ読んでください。

103万の壁とは

まず、そもそも103万の壁とはなにかを整理しておきましょう。


103万の壁とは知っての通り年収の話で、年に103万以上の収入がある学生は親の扶養から外れるという仕組みです。


学生であればほとんどの場合、両親の扶養家族です。つまり、親から養われている家族という意味なんですね。


103万を超えると、「もうあなたは充分な収入があるから親から養われてないね、だから扶養から外すよ」ということなのです。


この扶養から外れることに学生のうちはメリットが無く、むしろデメリットだらけなのです。


学生が扶養から外れることのデメリットを一覧にしました。


・自身に所得税がかかるようになる

・住民税が高くなる

・親の所得税と住民税が高くなる

・親の給料が安くなる

※ただ、勤労学生控除を申請すれば、学生は130万を超えなければ自身の所得税はかからない。また住民税も同じで、勤労学生控除を申請し126万を超えていなければ住民税は高くならない。


デメリットだらけですね。具体的な金銭面の話をしますと、103万を超えた時点で親はウン十万損することになります。


みんなが103万がどーのこーのと言っていたのにはこんな訳があったのです。


この制度の何が問題か

冒頭でも言いましたが、僕は現行のこの税制度にかなり不満を抱えています。


廃止、もしくは例外の設置が必要だと思っています。


僕自身現在は大学に通っていて、この103万という額にも気にしてアルバイトをしています。


実質103万しか稼げない状況ですが、正直僕のような一般大学生は困りません。


しかし、世には多額の奨学金を利用して大学に通う人、自分で学費を払いながら入学した人など様々います。


そんな人達はどうでしょうか、103万しか稼げないことにより返せる借金も返せない、在学中にかなりカツカツの生活をしなくてはいけないということになります。


このような、本当に苦労や努力をしている学生を突き放すような制度だと思いませんか?


学費関連以外でも、留学や大学院進学など自分の学びのためにお金が必要な学生もたくさんいます。


国が本当に大事にして成長させなきゃいけないような学生から税金を取っていることに変わりありません。


「103万の壁を廃止しろ」とは言いません。しかし、絶対に例外や特例を作るべきです。


例えば、扶養者の経済状況が一定の水準を下回ったら103万の壁を開放し、200万まで扶養内に入る。もしくは、留学などの学問に費やすお金は企業の経費と同じように、103万からは学生の必要経費として引かれるためその年の収入としてカウントしない、というようなものです。


そうすれば、親や自身の税金を心配すること無く学問に打ち込めますね。


僕みたいな一大学生が考えたような制度は採用しなくていいから、行政はもっとよりよい税制を考えて、制度を改めてほしいです。


まとめ

今回は103万の壁について説明し、自身の意見について述べてみた。


しかし、僕はまだまだ未熟で法律や税制などに詳しいわけでもありません。


「この説明が違うよ」とか「103万の壁にも例外があるよ」などありましたら、ぜひ下のコメント欄から教えてください。