【大学生必見】有意義なお金の使い方7選!正しい使い道とは?

大学生になって、「バイトのおかげでお金がいっぱい!でもどう使えばいいの?」という人は沢山いると思います。なので、今回は大学生の有意義なお金の使い方まとめちゃいました。

大学生にとっての一番の資産は有り余るほどの時間だと思っています。この資産をいかに有効活用できるかは「お金」にかかっています。

「脱・無駄遣い!」を目指しましょう。周りの大学生とは違った使い方をしてみるのがいいですよ。

まずはじめに

大学生がやっておきたいことをこれから紹介していきますが、その前に1つだけ「なにより最初にやったほうがいいこと」を説明します。

大学生はまず、

クレジットカードを作りましょう!

クレジットカードを1枚持っておくだけで、メッチャ便利ですし、行動の幅も広がります。

インターネットでの決済もかなり楽になりますし、デメリットはほぼ存在しません。

慣れないものなので敬遠しがちな人もいますが、危険性はありません。

また、社会人になるとクレジットカードの審査が通りにくくなります。学生ならほとんど100%通るので、今のうちに取得しておいて社会人のときに審査をせず使い続けるのがベターです。

ちなみに、大学生に一番おすすめなのは三井住友VISAデビュープラスカードです。

このカードは年会費無料・高還元のポイントが特徴です。なにより超大手の会社のカードで、cmなどでもよく見かけるように認知度も高いので安心ですね。

申し込んでみると、意外と手続きは簡単なので軽い気持ちで1枚作ってはいかが?

↓↓↓応募はここから↓↓↓

本に費やしてみよう

はい、最初からド定番ですね。ド定番すぎるが故に軽視されている気がしますが、舐めたらいけません。

様々な業界でトップクラスに位置する人で読書をほとんどしてこなかったなんて人はいません。

例えば、年収と読書量は相関関係にあります。本を沢山読んでいる人ほど年収が高いってことですよ。ビル・ゲイツは年収300万の人の38倍読書をしていると言われています!

本を読むだけで、「知識量が増える」「すごい人の経験に触れられる」「自身の価値観を変えられる」、たった1冊読むだけでこんな可能性が広がります。

なにより本の凄さはコストパフォーマンスの高さ。たった1000円程度でこれほど膨大な経験値をためられる方法を僕は知りません。古本屋さんやメルカリもあるので安く手に入れて、手放すときもお金にできるので、コスパのコストの方は限りなく0に近いですよ。

「え~、本なんて読む時間ないよー」

なんて言う大学生は多いと思います。しかし、本当ですか?意味もなく飲み会やサークルやバイトに行ってる時間は沢山あるのでは?未来の自分への投資だと思って、本と飲み会、どっちが有効か天秤にかけてみてください。

僕はどんなに忙しくても、月に5冊は読んでます。

趣味・好きなことをプロレベルにする

大学生は高校生に続いて伸びしろの期間なので、どんどん成長できますよ。「1つのことを極める」ってことはどの分野でも誇れることですし、そのプロセスだけでも人生の糧になります。これは、社会人になってからでは手遅れですよ!

どうすればいいか分からないという人は簡単に考えましょう。

例えば、趣味でカメラをやっているなら、上位機種の一眼レフを買ってみる。趣味が映画なら、夏休みに100本映画を借りてみる。

こんな感じに、どうせやるなら自分の好きなことにとことんお金を費やしちゃって、その道のプロを目指すつもりでやってみましょう。

たいていはプロにはなれませんが、自分の大好きなことが収入源になったり、様々な人と出会えるかとしれません。

ひとつのことを極めるだけで、得られるものはいっぱいありますよ!

新たな挑戦にお金を費やす

今度はさっきの逆で、いままで自分の興味がなかった分野にお金を使ってみよう、という話です。

好奇心のおもむくままに、いろんなことにチャレンジできるのは今だけです。それも別に、起業しよう、とか言うのではなく、小さなことでいいんです。

さっきのような例を出すと、

・普段は行かない映画館に足を運んでみる
・思い立って、スケボを買って挑戦
・今のバイトを辞め、新たなバイトを始める

これも最初の2つと同じで、初めてみなくちゃ何が得られるか分かりません!

例えば、僕は大学に入ってそこそこ高い自転車を購入しました。高校生までは、近所にママチャリで出かける程度でした。しかし自転車1つでいろんな所に旅したり、いろんな人にも出会えて、様々なものを得ることができました。今の彼女ができたのもこの自転車のおかげです。

このように、新たな方向性にお金を使ってみると、意外なリターンが生まれます。

自分が少しでも興味があるもの、もしくは全く興味がなかったものにお金を費やしてみては?

高級品を買ってみる

なんでもいいから、1つ高いものを買ってみましょう。

「そんなのただの無駄遣い!」

って思う人は沢山いると思いますが、そんなことはありません。高いものを長く使った方が結果的には安く済みます。

何故だと思いますか?ここでは靴で考えてみましょう。

購入する際に、デザイン、防水などの機能性、サイズ感、などじっくり考えますよね。高いものを買えば自分の欲求を全て満たせるものを購入できるのですぐにまた別のものが欲しいとはなりません。また、安い靴だとすぐにボロボロになってしまいますが、高い靴はずっと長持ちします。それに、長持ちしてくると愛着も湧き、手入れなども怠らなくなります。

このような流れを見れば、お金の消費も抑えられるし、良いものが自分の手元に残るのが分かります。

超有名ブランドの財布やバッグを買うのでは無く、もっと手軽なものでも充分だと思います。そもそも高すぎて手がでないですもんね(笑)。

ちなみに、僕は1万円近くするポーチを使っています。買い替えてからは、小物を整理する習慣もついたし、肌身離さず持ち歩いています。

恋愛にはケチるな

高校生のときとは異なり、大学生の恋愛になると急にお金がかかる!

付き合う以前でも、おしゃれを意識して服に金を費やしたり、ご飯を奢ってあげたりと、費用は意外とかさみますよね。

それに付き合ってからも、「クリスマス、誕生日、記念日.......。」正直ずっとこの連鎖です(笑)。

「毎回いくら掛けさせるんじゃー!!!」

って感じですが、彼氏彼女は大切にしましょう。大学生にもなれば、一生のパートナーになる可能性があることも頭に入れておくべきですよ。

それに、そもそも出会いのチャンスがありふれているのは、大学生までです。

付き合いたいのに交際者のいない社会人の理由ナンバープレートは「出会いがない」ですよ!

大学に通っているうちに、学生としての特権を活かしましょう。

資格勉強に費やす

資格もあるあるですね~。勉強時間が充分取れる大学生活のうちに取得しようって訳です。なんせ、社会人になってからだと、仕事辞めざるを得ないかもしれませんからね。

将来〇〇になってやる!って目標がある人はそれに関わる資格とお勉強どんどんやりましょう。周りに合わせなくていいんです!

世の中、いくらでも資格取得に関する本や、セミナー、塾があります。迷わずお金をつぎ込みましょう。

ですが、将来なりたい職業がない、という人はやらなくてもいいです。というか、やらない方がいいです。

「資格があれば手に職が~」なんて言っている人はよくいますよね。僕は、就職に有利そうだから、という動機での資格勉強は無駄だと思っています。そもそも、就職で使える資格なんて限られているし、どれも相当の勉強時間が必要なんでそんな動機だと挫折します。

この手で資格を取得しようとすると、お金と時間を無駄にしてしまいますよ〜。

ですが、やりたいことがあるならドンドン資格勉強にもお金をつぎ込んでしまいましょう!

海外に行ってみる

旅行でも留学でも、なんでもいいから外国に行ってみましょう。

僕の周りには、1ヶ月間海外で暮らした人や、学校を休学して世界一周した人もいました。彼らの話はとても刺激的で、その経験が自分の人生に生きたと言っています。

言語、人の雰囲気、文化、考え方が全く違う土地に行くことは、想像以上に新鮮なことでしょう。

ニュースの見方が変わった人から将来の夢が変わった人もいます。小さなことから大きなことまで、何らかの変化をあなたにもたらすことは間違いないです。

これも、社会人になったら気軽にできないことの1つです。学生の特権を活かして、海外に足を運んでみましょう!

ためになるor稼げるバイトでお金は稼ごう

この記事を見て、どんなことにお金を使うか目的が生まれましたか?

もし、今のままじゃお金は足りないよ、という人は新たなバイトに挑戦してみましょう。「どうせ稼ぐなら効率良く」がいいですよ。

ぼくがココで言う「効率が良い」は短期間でメッチャ稼げる、もしくは働くだけで自分のためになることを指しています。

時間は有限です。意味もなく1000円程度の時給で働くことに満足してはいけません。

バイトからも、大学生活の無駄をなくしましょう。

まとめ

今回はお金の有意義な使い方について紹介しました。

しっくり来たものがあれば、ぜひ実践してみてください!