【文理選択】将来の夢がないなら文系を選べ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

もしこのページを見ている人が将来の夢や方向性が決まっているならば、これより下は見る必要ないです。そういう人たちは自分の選択を信じ、やりたいことや夢に向かって進んでください。それが1番あなたを成長させることができます。

では、迷える高校生はどうしましょう。そんな高校生にはひとこと言いたいです。


将来の夢がないなら文系を選べ


理系か文系迷う人なら、無難な選択肢は100%文系です。

「特に将来なりたいものは決まっていないが、数学が得意だから理系に進もう。」「文系を選びたいが、理系のほうが良いという声もあるな、、、」など、迷う理由は無限にあります。ほんの少しでも迷うならば、ぜひこのページを参考にしてください



ちなみに僕は高校の文理選択で文系に進んだ人間です。 かといって、文系をオススメするという記事内容ではありません。どちらかというと、「生半可な気持ちで理系を選ばないほうがいいよ」と伝えたいだけです。

とりあえず理系は絶対ダメ

さあどういうことか、世の中、特に高校の先生は迷ったら理系に行けという人々が多い気がします。そうですね、順調に理系というレールに乗ってしまえば楽なことは確かです。僕も高校生の時に、文系と理系の就職率や給料の高さなどを比べたデータを何度も見させられました。それに文系から理系に変更は無理だが、理系を最初に選択しておけばあとから文系に進めるよとも言われます。

なぜこんなにも高校教師は理系に勧めるのか。まあ実際に理系のほうが就職もいいし、適当に文系に進まれて理系に転向したいと言われると困るからだろう。



「そんなことを言う人達は無視していい!」
生半可な気持ちで理系に進むと後悔します。




後悔した人達の声をもとに、その理由をまとめました。

理系科目のほうがセンスが必要

大学受験において理系と文系を比べると、圧倒的__に理系の方がセンスや才能が求められます逆に文系の方が暗記分野が多く、どちらかといえば努力でなんとかなります。


自分自身の才能に自身はありますか?理系も努力である程度はなんとかなります。しかし、理系の方が高みを目指せば目指すほど才能の壁にぶつかります。ぼくは塾講師をやっていたので、そんな壁にぶつかる受験生を何度も見ました。


逆に文系はどうでしょう。私立文系なんてコスパの極みですよ。英、国、社。たったの三教科です。そのうち社会は9割努力でなんとかなる世界。英語もやれば伸びる科目筆頭。特別理系センスがあるわけでなく、もとの学力も同じくらいの2人が文系と理系にそれぞれ進んだら、文系に進んだ人のほうが高いレベルの大学に進めるのは明らかです。



理系的センス(主に数学)に相当の自身があるならば、理系を選択肢にすることもありです。しかし選択肢に含んでもいいだけであって、正直理系選択にする決定打にはなりません。



文転はただの遠回りでしかない

言い方は悪いですが、文転なんてただの遠回りです。文転する理由としては数学が想像以上にできなかったり、将来の夢が文系よりになったというあたりでしょう。


僕は理系を選択をした後に文転をする判断自体は否定しません。そのまま嫌々理系に進んでもいいことはないですからむしろその時点では良い判断でしょう

しかし、文理選択の時点で「最悪文転できるから理系にしておこう、、」という発想で理系に進むことやめて欲しいです。ほんとに沢山の時間を無駄にしますよ。


基礎なし理科も、数3も文系にいったら100%使いません。


あなたがそんな無駄な時間を割いている間に周りの受験生は自分の受験科目の勉強をしてどんどん成績を伸ばしています。



結構過酷な大学生活かもよ

次は将来の夢や目標もなく理系に進んで、大学生活を送ったら?という話をします。

まず、理系のほうが圧倒的に忙しいです。「授業は週3日で~」なんて言ってるのは文系大学生です。理系の方のほうが圧倒的にコマ数が多いです。それに理系は実験やら研究やらレポートで忙しいです。想像してください。夜の9時まで研究室で実験、家に帰ったら○千字のレポートに着手。テスト期間になれば、毎日図書館が閉まる時間までこもって勉強。これを好きでもない、目標もないのに続けられますか?

文系は対照的ですよ。それなりにこなしていれば、適当に遊んでバイトしていれば卒業できますからね。なにより余暇が多いので、自分の好きなように使える。スキルアップしたい人たちは大体こういう時間を有効活用しています。


どんな学生生活を送りたいも考えて選びましょう。ここまでの労力がただ就職の安定が目的なら、それに見合うのか真剣に考えてください。


まとめ

ここまで読んで、安易に理系に選ぶ人が減ればいいです。はじめから理系に進む信念をもっている人、理数が本当に得意で興味ある分野も理系の道かなという人は理系に進んでください。


僕は塾講師をしていたので、沢山の生徒を見ています。[親や先生の勧めで理系に、、」「数学全然できないけど就職いいらしいから、、」みたいな子がたくさんいました。そんな子たちは大体受験で成功できていません。


ぜひ、「将来の夢がないなら文系を選べ」を実行してほしいです。

あとがき

ここまで書きましたがいざ文理選択をするのはとても難しいですよね。高校は文理選択という人生におけるターニングポイントを急かして決めさせますからね。早い学校だと高校1年生の1学期で決めさせます。「そんな大きな判断をするには早すぎるでしょ」と僕は思います。それに、大きな選択を迫られているという意識が生徒には足りてないことがよくあります。

僕の意見としては、ゆっくりゆっくり決めるべきなんですよね。学校側はもう少し生徒に重要性を大きく伝え、ゆっくり時間を与えることができればな、と思います。

しかし、決めなきゃいけないもんは決めなくてはいけない。じっくり考えてください。考える際に上に書いたことを少しでも参考にしてくれれば幸いです。